1.秋季大会(ミキシング関係シンポジウム)

氏名

テーマ

S57

15

佐藤一省

撹拌槽型気液接触装置について〜表面撹拌方式を中心として

S58

16

-

S59

17

平田雄志

流体の変形と混合反応過程

S60

18

-

S61

19

-

S62

20

村上泰弘

高度化する撹拌混合混練技術の現状と将来展望

S63

21

-

H1

22

小川浩平

多成分系の混合評価法

H2

23

-

H3

24

上和野満雄

多成分系混合撹拌における微粒化および分散技術

H4

25

-

H5

26

齊藤文良

混合撹拌操作による結晶構造変化と物質の合成

望月雅文

気液撹拌技術の高度化 −より複雑な系へ−

H6

27

-

H7

28

岡本幸道

プロセス強化を支援する撹拌技術

H8

29

-

H9

30

平田雄志

ミキシング技術の高度化と新しい視点

H10

31

浅野健治

日本で開発された大型翼の技術評価

井上義朗

非線形ダイナミクス理論に基づく混合理論の可能性

H11

32

Z.Jaworski

Towards a fully predictive CFD modeling of transport process in stirred tanks and bioreactor

H12

33

平田雄志

可視化技術を援用した流動混合現象の解析

H13

34

小森 悟

超音波および浮力対流による乱流熱物質輸送の促進機構

H14

35

齋藤文良

欧州滞在でのミキシングと粉体研究2001年

H15

36

栗山雅文

液液撹拌の諸問題

高橋幸司

微粒子作成に向けての液体混合の寄与

H16

APPChEで秋季大会開催せず

H17

37

圓藤紀代司

高分子製造プロセスの現状と今後の展望

H18

38

柘植秀樹

マイクロバブル研究の現状と展望

竹田宏

どこまで行ける?気液混相流解析

H19

39

上ノ山 周

可視化手法を用いてのミキシング技術高度化のこれまでとこれから

H21

41

三島 守

攪拌型反応槽の基本と適用例

H22

42

梶原稔尚

高分子材料の溶融混練に関する理論とそれに基づく装置開発

H23

43

加藤禎人

混ぜる科学

H24

44

上ノ山 周

ミキシング装置における数値流動解析(CFD)と電気抵抗方式トモグラフィー(ERT)の適用とその展開

H25

45

鈴川 一己

フラクタル形状を用いたミキシングの研究

H26

46

松隈 洋介

格子ボルツマン法による複雑形状流路内の二相流解

高木 和行

最近の乳化技術と乳化装置

H27

47

仁志 和彦

撹拌翼からの流れと諸現象

H28

48

大村 直人

人間中心イノベーションから見た撹拌技術の新展開

H29

49

神田 彰久

生産技術研究におけるミキシング技術開発と課題

西野 耕一
・山本 昇・ 矢野 大志

攪拌流のフルボリュームPIV計測による乱流輸送機構の解析



2.年会(流体工学セッション)

氏名

テーマ

S57

47

-

S58

48

-

S59

49

-

S60

50

-

S61

51

-

S62

52

長瀬洋一

撹拌プロセス研究の新たな展開をめざして

平岡節郎

撹拌槽の流れと熱伝達

S63

53

上和野満雄

高粘度液の撹拌 −撹拌槽における流動および混合−

H1

54

-

H2

55

-

H3

56

-

H4

57

-

H5

58

-

H6

59

村上泰弘

ポリマー混練分散技術の諸問題

小川浩平

ケミカルエンジニアの流体工学

H7

60

上和野満雄

撹拌槽内における液流の流動と混合状態の可視化について

H8

61

平岡節郎

ミキシング技術発展の歴史と将来展望

嶋田隆文

撹拌装置内高粘度液の流動と装置開発

H9

62

小川浩平

化学工学者がなすべき流体工学

H10

63

上和野満雄

産学協同によるミキシング技術の高度化(ニューテックセッション)

H11

64

高橋幸司

液体混合の新展開 ―混合効率とカオス混合―

H12

65

岡本幸道

醸造プロセスへの大型翼の適用

H13

66

今野幹男

粒子製造重合法と撹拌

手面修一

往復回転式撹拌装置の開発

H14

67

上ノ山周

ミキシング技術のさらなる高度化に向けて

*H15年(第68年会)以降は展望講演開催せず。